ICAAS概要

体制 会員情報

国際アミノ酸科学協会(ICAAS)とは

 国際アミノ酸科学協会(International Council on Amino Acid Science, ICAAS)は、食品成分としてのアミノ酸の適量摂取に関わる科学的課題を探求し、その解明を図るための事業を行うことにより、世界中の人々の健康増進と食生活の向上に貢献することを目的として、2000年11月に東京で設立されました。その後、広範囲な国際活動の実施を強化するために、本部事務所をブリュッセル(ベルギー)に移し、2008年に、ベルギーの行政機関により国際非営利団体として正式に承認されました。

ICAASの目標

・人間が食料として使用することに特に重点を置いた場合の、アミノ酸の安全性、品質、使用方法に関するあらゆる事項を科学的に調査・解決すること。
・種々の条件下における人体のアミノ酸摂取量の結果を評価・予測する枠組を確立すること。
・消費者の安全を保証するため、市販されているアミノ酸の製品に対してICAASの品質規格を設けること。

これら目標を達成するために、食事由来のアミノ酸の適量で安全な摂取の評価に関する国際ワークショップの開催および協賛、調査・研究の実施、規制機関に対する専門的意見や科学的情報の提供、アミノ酸に関する様々な問題について一般的な法規制面の対応、及びアミノ酸に関する有益な情報の一般への提供等を主な業務として実施します。そして、日本国内及び世界中へのアミノ酸の普及を目指して、アミノ酸に関連する正確で正しい情報をお届けしてまいります。

言語の切り替え





ページ上部へ戻る