グルタミン

グルタミンは、ヒトの体内に存在する最も重要なアミノ酸の一つです。グルタミンは体内で豊富に存在する物質であり、ヒトの体内でタンパク質を構成する20種類のアミノ酸の1つです。グルタミンは、工業的には白い結晶性粉末として炭水化物源の発酵により生産され、無臭ですが苦味があります。
易水溶性ですがアルコールにはほとんど溶けません。製剤分野では、グルタミンは胃潰瘍や十二指腸潰瘍の患者に経口投与されます。

グルタミンにはさまざまな効能があります。ヒトにおいては非必須アミノ酸に分類されており、ストレス状況下では消耗し易いので「条件つき必須アミノ酸」といわれています。グルタミンはストレス状況下では体内に摂取する必要があるアミノ酸です。グルタミンは成長ホルモンの分泌を促すことが知られています1)。
また、筋タンパク質の合成を刺激したり、筋タンパク質の分解を抑制したりします2)。グルタミンは免疫細胞に運搬され、核酸合成の窒素源として、またタンパク質合成用基質として使用されます。さらに、リンパ球細胞の分裂に必要で3)、免疫反応においても大切な役割を有するとされています。

グルタミンは経口摂取により体内に吸収され4)、その効果は動物およびヒトでの試験で実証されています1,5,6)。ヒトの食物でのグルタミンの上限摂取量に関して、副作用を示す記録はほとんどありません(第7回 アミノ酸の食事による適量摂取の評価に関するICAASワークショップ)7)。グルタミンが成長ホルモンの分泌を刺激し、免疫系を高める効果を検証する成人を対象とした臨床試験によると、必要なグルタミンの量は1日当たり2-30gとされています1,6,8,9)。本報告ではグルタミン摂取による問題のある副作用の記録はありません。最近提唱されているOSL(Observed Safe level:安全性が確認されている一日摂取量)では、グルタミンのOSLは14g/日です10)。ラットを用いた急性経口毒性試験では、グルタミンの半数致死量(LD50値)は16g/kg(体重)以上です11)。

参考文献
1.Welbourne TC.Increased plasma bicarbonate and growth hormone after an oral glutamine load.American Journal of Clinical Nutrition.61(5):1058-61, 1995
2.In-house data at Kyowa Hakko Kogyo Co., Ltd.
3.Newsholme EA.Crabtree B. Ardawi MS.Glutamine metabolism in lymphocytes: its biochemical, physiolog-ical and clinical importance.Quarterly Journal of Experimental Physiology.70(4):473-89, 1985
4.Ziegler TR.Benfell K. Smith RJ.Young LS.Brown E. Ferrari-Baliviera E. Lowe DK.Wilmore DW.Safety and metabolic effects of L-glutamine administration in humans.Jpen:Journal of Parenteral & Enteral Nutrition.14(4 Suppl):137S-46S, 1990
5.Moriguchi S. Miwa H. Kishino Y. Glutamine supplementation prevents the decrease of mitogen response after a treadmill exercise in rats.Journal of Nutritional Science & Vitaminology.41(1):115-25, 1995
6.Castell LM.Poortmans JR.Newsholme EA.Does glutamine have a role in reducing infections in athletes? European Journal of Applied Physiology & Occupational Physiology.73(5):488-90, 1996
7)The 7th Workshop on the Assessment of Adequate Intake of Dietary Amino Acids.The Journal of Nutrition.138, Supplement, 2008.
8.Yoshida S. Matsui M. Shirouzu Y. Fujita H. Yamana H. Shirouzu K. Effects of glutamine supplements and radiochemotherapy on systemic immune and gut barrier function in patients with advanced esophageal cancer.Annals of Surgery.227(4):485-91, 1998
9.Stehle P. Zander J. Mertes N. Albers S. Puchstein C. Lawin P. Furst P. Effect of parenteral glutamine peptide supplements on muscle glutamine loss and nitrogen balance after major surgery.Lancet.1(8632):231-3, 1989
10.Shao A. Hathcock JN.Risk assessment for the amino acids taurine, L-glutamine and L-arginine.Regulatory Toxicollogy & Pharmacology.50(3):376-99, 2008
11.Amino Acid Data Book.Japanese Society for Amino Acid Sciences.2010

・Glutamine and Immune System Support
・Glutamine importance for human health; recent findings and advances

言語の切り替え





ページ上部へ戻る